回覧地図・体制組長 ・班長年間予定

ゴミ交通安全防犯防災バス育児

自治会館建設PT連絡フォームQ&A

こちらは会員限定のページです。会員でない方の閲覧はご遠慮ください。

防災対策・救急関係

上記の画像をクリックするとPDFファイル が開きます。

なお、1枚パンフレットにまとめた防災情報(すみれ野通信 保存版・防災編)については【こちらから】ダウンロードできます。

 

防災関連情報

災害時の避難場所

AED設置場所情報

すみれ野自治会ではAEDは設置していません。

以下の場所にAEDが設置されているとの情報があります。
(奈良県の情報、香芝市の情報、日本全国AEDマップ:2020/5 確認)

※設置情報・撤去情報などがありましたら、【自治会情報提供・問合せフォーム】から情報提供をお願いします。

※設置者によっては撤去されている場合があります。

 

消火ホース格納箱・消火栓マップ

自治会では、火災時の初期消火を可能とするため、消火ホース格納箱を自治会員向けに15か所設置しています。

万が一に備え、ご自宅付近の消火ホース格納箱と消火栓の場所を覚えて おくと良いです。

 

PDFファイルはこちら

※設備にいたずらや不具合などがありましたら、【自治会情報提供・問合せフォーム】から情報提供をお願いします。

火災発生時の消火ホース格納庫の使い方

ホース格納箱は消火栓の近くに自治会が設置しています。

消火栓並びにホース格納箱周辺は駐車禁止です。5m以内の駐車は道路交通法違反となります。ご注意ください。

ホース格納箱の中には 「ホース(20m×3本)」「消火栓接続器具」「放水口」「消火栓コック」があります。

火災発生時は、まずは至急、119番に通報してください。

呼び鈴を鳴らし「火事なのでみんな外に出てきてください!」と大きな声で呼び、協力者を集めます。

その後、消火ホース格納庫を躊躇せず開けて、初期消火をしてください。

ホースは20m×3本、つなげると60m分あります。ホースは接続して延長できます。

ホースが足りない場合は他の消火ホース格納箱にあるホースを持ってきて、延長してください。

一人ではできませんので、複数人で実施してください。

 20mホースを2本接続した場合

消火栓に器具を接続します。

ホースには向きがあります。青色のリングがある方が消火栓(水の元)側です。

接続が完了して、ホースを伸ばしてから、消火栓のコックをひねって水を出します。

※注意※ 消火栓のコックを大きくひねると勢いよく水が放出されます

いきなり強い水を出すと、放水口が振り回され、怪我をする可能性があります。

放水口は重い金属ですので、強い水の力で放水口が暴れると非常に危険です。

力がある人がしっかり放水口を持った上で、複数人で合図をしながら、徐々にコックをひねって水を出してください

 


防災倉庫・備品について

※各自での清掃の実施や、緊急時などで、用具が必要な場合、本部役員までご連絡ください。

※防災倉庫へのいたずらや不具合、無施錠・開放状態となっている場合は、【自治会情報提供・問合せフォーム】から情報提供をお願いします。

防災マップ

非常時への備え

大規模災害が発生した際に、影響を受けやすい事象は「断水」と「停電」と「ガソリン不足」です。

災害時に困らないためにも、普段からご家庭で準備しておくと良いでしょう。

以下は非常時に備えて、普段から各家庭で保有しておくと役立つものです。特にカセットコンロは長期の停電やガス停止時に役立ちますのでお勧めします。

賞味期限が比較的長い食べ物

一般的に非常食というと乾パンや専用非常食など普段食べないものをイメージしますが、賞味期限が長くて普段消費するものを少し多めに購入しておき、順次、古いものから普段使いすることで、無駄なくおいしく、非常時の対策が可能です。

 

防災・安全安心Q&A

消火ホース格納箱関係

Q:ホース格納箱が開いています(ホース格納箱の内容物が盗難されているようです)

A:ホース格納箱は自治会で設置し、自治会で設置や維持管理の対応をしています。自治会費から費用負担をしています。気づかれた方は、中に内容物一覧の説明紙が入っていますので、お手数ですが、不足が無いかチェックをお願いします。開いている場合はふたを閉じてください。万が一、不足がある場合は、至急、自治会役員(組長・本部役員 ・またはHPの連絡フォーム等)へご連絡ください。⇒【自治会への連絡フォーム

Q:ホース格納箱の追加整備の予定はありますか?
A:ホース格納箱は現在15か所に設置しています。基本的に消火栓の近くに設置をしていますが、現在、概ね整備が完了している状態であり、新たに設置可能な場所もありませんので、追加の整備予定はありません。

防災無線関係

Q:市の防災無線スピーカーはすみれ野地域に設置されていますか?

A:設置されていません。香芝市によると、設置は崖地や危険個所を中心に設置しており、現時点ではすみれ野地域の設置計画はないとのことです。なお、河川氾濫など危険な状態が想定されるときなどは、車両を巡回させスピーカーでアナウンスを実施するとのことです。

AED関係

Q:AEDはどこに設置されていますか?
A:現在、自治会ではAEDは保有していません。自治会館建設後はAEDの 設置を検討しています。具体的な設置を望まれており、設置に向けた検討や費用整理等を行っていただける有志の方は、是非とも自治会までご連絡ください。⇒【防災・救急

 

 

 

過去の大雨・台風の様子

奈良盆地は比較的災害が少ない地域といわれています。

しかし、普段はおだやかな葛下川も、大雨の時は豹変します。絶対に近づかないでください。

大雨の時の葛下川の様子

2017年9月12日の大雨の後の葛下川の様子(午前7時54分ごろ)です。

この時は、1時間に120mmの大雨がありました。この大雨で近鉄高田駅のガード下周辺が冠水・水没しました。また大和高田市内では床上浸水が発生しました。

雨が止んで時間が経った時点でも、まだ水量がありました。

台風の時の様子

暴風により停電が生じることがあります。2018年9月4日、台風21号により、すみれ野地域で停電が発生しました。 停電は1時間程度で復旧しました。

2018年9月4日の台風直撃の様子(午後3時45分ごろ)

信号機が消えており、警察官が手旗信号で交通整理をしています。

なお、この台風では、関西空港橋にタンカーが衝突したり、泉南地域では電柱がなぎ倒されたりと、周辺で大きな影響が生じました。

過去に遡ると、1998年8月21日、台風7号では、暴風により香芝市内で多くの電柱がなぎ倒され、道路の通行止め・停電が発生しました。また家屋やカーポート が壊れる、樹木が倒れるなどの被害が発生しました。

国道168号線・良福寺付近の様子(1998.9.22)

比較的9月に台風や大雨の災害が発生する傾向があります。ご注意ください。

過去の様子

2007年7月16〜17日、大雨により、旧葛下川(付け替え前)がカーブしている地点で道路の路肩の流出が発生しました。現在では川も付け替えられており、護岸も改良されていますので、同様の事象の発生は起きないと想定されます。

近鉄とJRが交差する踏切の北側から国道165号の間の付近の様子(現在の旧葛下川遊歩道の最西部分)

写真は国土交通省HP 災害情報 水害レポート2007 各地の水害状況(近畿地方) より【こちら

なお、昭和57年8月1日頃は、台風10号に伴った大雨により、葛下川が王寺付近であふれ、王寺駅周辺が水に沈むという災害が発生したことがあります。

 

葛下川に関する情報